CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Weter

-天気予報コム-
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS
SEARCH
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

yukalog*

<< GAGA様ライブ | main | 『宇宙兄弟』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - |
『僕等がいた−後編−』

 @映画

 【監督】 三木孝浩
 【キャスト】
 生田斗真 吉高由里子 高岡蒼甫
 本仮屋ユイカ 比嘉愛未 須藤理彩
 麻生祐未 柄本佑 他

 【HP】 http://bokura-movie.com/

高校2年生の冬、矢野(生田斗真)は家庭の事情で釧路から東京に転校するが、彼と七美(吉高由里子)は再会を誓い合う。それから数年後、就職活動に明け暮れる七美をそばで支えてくれたのは矢野の親友である竹内(高岡蒼佑)だった。最初は遠距離恋愛を続けていた二人だが、ある日突然矢野はぷっつりと消息を絶ち、音信不通のまま月日だけが流れていった。

お互いを想う気持ちが変わらなければ、
何年離れていても、最後にはお互いの方位磁石が引き合わせてくれる。
そういうモノなんでしょうね。

心配させたくないと想う気持ちも理解できるけど、
相手のことは心配したいものなんじゃないかと。
それもスキって証拠なのでは?!

タケ(高岡蒼甫)がやっぱり今回もイイ人。
スキな人を守りたいということなんだろうな。
わたくし、やっぱり、高岡蒼甫 結構スキだな。

矢野(生田斗真)もイイ人なんだけど、
こちらのやさしさはどうなのかな?と疑問に思ってしまった。

登場人物が落ち着くべくとことに落ち着いたなって納得できる
エンディングでヨカッタ♪♪

予告で観た「海猿」
ヤバイ!!
予告だけで泣けた(TωT)
本編観がらどんだけ泣くんだろう…。

今月は観たい作品がたくさんあるんだよなぁ。

| yukacco | Movie | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - |
Comment